【オンデマンド配信】

『人の動き』の変化を精緻につかむ
~変化に素早く対応するための位置情報の使い方~

コロナ禍の影響で人々の行動は一変。先の見えない経済状況が続きます。
これまでのように政府や企業による公的なデータだけで的確に市場や概況を把握することが難しく、金融領域においては新たな投資判断の指標として「オルタナティブデータ」の活用が加速しています。なかでも、『人の動き』の変化を読み解く位置情報データは、世の中の景況の俯瞰や企業の業績予測を可能とします。

本セミナーでは、スマートフォンのGPSから「いつ・どこに・どんな人が・どれだけいるのか?」など『人の動き』を読み解き、景況把握や投資判断を行うために役立つ方法をご紹介。金融業界に特化した位置情報の効果的な活用方法について、デモンストレーションを交えながら詳しく解説いたします。

概要

OVERVIEW

視聴方法
申し込みフォームより情報入力・送信後、視聴ページへ遷移します。
※ ご登録いただいたメールアドレスにも視聴リンクを送付させていただきます。(送信元:[email protected]
視聴時間
第1部オンデマンド視聴:約23分
第2部オンデマンド視聴:約36分
視聴申し込み
無料
視聴推奨環境
下記ブラウザの最新版かつ提供元のサポート期限が切れていないものを推奨しております。
(Google Chrome/Firefox/Safari/Microsoft Edge)
備考
本コンテンツは、2021年5月17日(月)より開催されたセミナーのオンデマンドになります。

プログラム

PROGRAM

第1部
先進事例から学ぶ位置情報ビッグデータの活用
コロナ禍において、「人の動き」が大きく変化しています。この「人の動き」に関するデータはオルタナティブデータと呼ばれ、景況把握や、工場・商業施設の動向から企業の業績予測に活用されています。本パートでは、金融業のお客さまにおける先進の活用例についてご紹介します。
<講演者>
KDDI株式会社
パーソナル事業本部 サービス統括本部 データマネジメント部
吉村 智史
第2部
KDDI Location Analyzerデモンストレーション
金融・投資分野における企業や物件のMeasurement(=評価)で、位置情報データとGIS(地図情報システム)のマッシュアップによる分析手法が進化しています。本パートではGPS位置情報データを搭載したGIS「KDDI Location Analyzer」のデモンストレーションを交え具体的なユースケースを分かりやすく解説します。
<講演者>
技研商事インターナショナル株式会社
執行役員 マーケティング部 部長
市川 史祥

お申込みフォーム

FORM

flowflowflow
【個人情報の取り扱いについて】
ご記入いただいた個人情報につきましては、KDDI株式会社及びKDDIまとめてオフィス株式会社の下記の業務・目的にご利用させていただきます。
(1)利用料金などに関する業務、(2)お客さま相談対応に関する業務、(3)現行サービス、新サービス、新メニューに関するメールやダイレクトメールでの情報提供業務、(4)アンケート調査に関する業務、(5)利用促進などを目的とした商品、サービス、イベント、キャンペーンに関するメールやダイレクトメールでの情報提供業務、(6)新サービスの開発、サービス品質の評価・改善に関する業務、(7)契約約款などに定める目的
KDDI株式会社 プライバシーポリシー(個人情報にかかる保護方針)を確認する新規ウィンドウが開きます
KDDIまとめてオフィス株式会社 プライバシーポリシー(個人情報にかかる保護方針)を確認する新規ウィンドウが開きます

ご参加いただく方の情報をご入力の上「確認」ボタンを押してください。
必須項目をご入力ください。
オンデマンド視聴お申込みの受付は終了致しました。
top