【オンデマンド配信】

カメラの映像解析で加速するDX

"記録"するためのデータを、"意思決定"のためのデータへ

防災や防犯、設備保全など、あらゆる業種において欠かせない「監視カメラ」。
今や単なる映像の記録のみならず、AIを組み合わせた映像解析により、点検・検品作業の効率化や高度化、動線分析によるマーケティングなど、企業のDXを推し進めるためのツールとしてさらなる活用の広がりが期待されてます。
その一方、いまだ多くの企業において、セキュリティ上の懸念からも監視カメラの映像は拠点ごとに分散して管理・蓄積されており、サイロを脱した"全社での映像データ利活用"まで実現できていないのが実情です。
本セミナーでは、このような各拠点に記録・蓄積されていくばかりの映像データをビジネス拡大に向けて“意思決定のための価値あるデータ”へと昇華させるための手法について、映像解析の事例などを交えてご紹介いたします。

概要

OVERVIEW

視聴方法
申し込みフォームより情報入力・送信後、視聴ページへ遷移します。
※ ご登録いただいたメールアドレスにも視聴リンクを送付させていただきます。(送信元:[email protected]
視聴時間
第1部 オンデマンド視聴:約27分
第2部 オンデマンド視聴:約24分
視聴申し込み
無料
視聴推奨環境
下記ブラウザの最新版かつ提供元のサポート期限が切れていないものを推奨しております。
( Google Chrome / Firefox /Safari / Microsoft Edge )
備考
本コンテンツは、2022年12月12日(月)より開催されたセミナーのオンデマンドになります。

プログラム

PROGRAM

第1部
クラウド活用によるカメラ映像統合管理サービスのご紹介と映像利活用による業務高度化への第一歩
企業のみなさまが各拠点に設置している監視カメラシステムには、映像の統合管理ができない、オンプレミス設備のディスク障害・自然災害等で映像データの消失リスクがあるなど、内部統制上の課題も多いのが現実です。本講演では、KDDIネットワークとクラウド活用によりセキュアな映像統合管理・可視化を実現するKDDIの新サービス「KDDI Video Management Service」のご紹介と、"記録"のためのデータから"意思決定"のための映像データに価値を高める、映像利活用の第一歩となるポイントをご説明いたします。
<講演者>
KDDI株式会社 DX推進本部 5G・IoTサービス企画部
グループリーダー 佐藤 康広
第2部
AI映像解析を活用した防災・防犯の監視強化、効率化
施設や地域の安全対策に欠かすことのできない監視カメラ。「KDDI Video Management Service」とも連携可能な株式会社オプティムが提供するAI映像解析サービス「OPTiM AI Camera Enterprise」をベースに映像を録画するだけではなく、防犯・防災の監視業務におけるAIの活用例をAIの仕組みや過去の事例を交えてご紹介します。
<講演者>
株式会社オプティム ビジネス統括事業本部 DX事業部
マネージャー 立澤 宏明 氏

お申込みフォーム

FORM

flowflowflow
【個人情報の取り扱いについて】
ご記入いただいた個人情報につきましては、KDDI株式会社の下記の業務・目的にご利用させていただきます。
(1)利用料金などに関する業務、(2)お客さま相談対応に関する業務、(3)現行サービス、新サービス、新メニューに関するメールやダイレクトメール、電話での情報提供業務、(4)アンケート調査に関する業務、(5) セミナーやイベント、キャンペーンに関するメールやダイレクトメール、電話での情報提供業務、(6)新サービスの開発、サービス品質の評価・改善に関する業務、(7)契約約款などに定める目的

またKDDIは、情報のホスティングと処理を目的として、ご記入いただいた個人情報を、米国に転送いたします。
※なお米国における個人情報の取り扱いに関する情報はこちら新規ウィンドウが開きますをご確認ください。

その他の取り扱いについてはKDDI株式会社 プライバシーポリシー新規ウィンドウが開きますをご確認ください。
必須項目をご入力ください。
オンデマンド視聴お申込みの受付は終了致しました。
top