【オンデマンド配信】

Google Workspace を活用した
「電子帳簿保存法」対策方法とは

2022年1月に施行された改正「電子帳簿保存法」により電子取引情報の保存ルールが変更となりました。
これまでは紙で印刷したものを原本として保管できましたが、電子データでの保存が義務化され、2024年1月から対応が必須となります。
そこで、本セミナーでは 「電子帳簿保存法」への対応を急ぎたいお客さまやシステムを選定中のお客さま向けに、Google Workspace でカバーできる範囲や運用開始までに必要な準備と設定内容について解説します。
後半では「 Google Workspace 」の新機能をご紹介します。

※ Google Workspace 、 Google Meet および Google Chrome は Google LLC の商標です。

概要

OVERVIEW

視聴方法
申し込みフォームより情報入力・送信後、視聴ページへ遷移します。
※ ご登録いただいたメールアドレスにも視聴リンクを送付させていただきます。(送信元:[email protected]
視聴時間
第1部 オンデマンド視聴:約44分
第2部 オンデマンド視聴:約15分
視聴申し込み
無料
視聴推奨環境
下記ブラウザの最新版かつ提供元のサポート期限が切れていないものを推奨しております。
( Google Chrome / Firefox /Safari / Microsoft Edge )
備考
本コンテンツは、2022年12月16日(金)より開催されたセミナーのオンデマンドになります。

プログラム

PROGRAM

第1部
徹底解説! 電子帳簿保存法の対策方法
Google Workspace は、業務に必要なアプリケーションをまとめたコラボレーションツールですが、実は電子データの保存・検索に適した機能が搭載されています。
Google Workspace でカバーできる範囲や運用開始までに必要な準備と設定内容について解説します。
<講演者>
株式会社ストリートスマート Enterprise事業部 部長 藤田 康佑 様
第2部
大好評!「Google Workspace」新機能ロードマップ
新たに追加、改善された機能と今後リリースされる機能をデモを交えてご紹介します。
<講演者>
KDDI株式会社 ビジネスデザイン本部 ネットワークコンサルティング部 竹村 敏輝

お申込みフォーム

FORM

flowflowflow
【個人情報の取り扱いについて】
ご記入いただいた個人情報につきましては、KDDI株式会社の下記の業務・目的にご利用させていただきます。
(1)利用料金などに関する業務、(2)お客さま相談対応に関する業務、(3)現行サービス、新サービス、新メニューに関するメールやダイレクトメール、電話での情報提供業務、(4)アンケート調査に関する業務、(5) セミナーやイベント、キャンペーンに関するメールやダイレクトメール、電話での情報提供業務、(6)新サービスの開発、サービス品質の評価・改善に関する業務、(7)契約約款などに定める目的

またKDDIは、情報のホスティングと処理を目的として、ご記入いただいた個人情報を、米国に転送いたします。
※なお米国における個人情報の取り扱いに関する情報はこちら新規ウィンドウが開きますをご確認ください。

その他の取り扱いについてはKDDI株式会社 プライバシーポリシー新規ウィンドウが開きますをご確認ください。
必須項目をご入力ください。
オンデマンド視聴お申込みの受付は終了致しました。
top