【金融業向け】開催日 2021年8月20日(金)14:00~15:00

オルタナティブデータから景況を読み解く
~投資判断のための位置情報活用~

コロナ禍の影響で人々の行動は一変。先の見えない経済状況が続きます。
これまでのように政府や企業による公的なデータだけで的確に市場や概況を把握することが難しく、金融領域においては新たな投資判断の指標として「オルタナティブデータ」の活用が加速しています。なかでも、『人の動き』の変化を読み解く位置情報データは、世の中の景況の俯瞰や企業の業績予測を可能とします。

本セミナーでは、スマートフォンのGPSから「いつ・どこに・どんな人が・どれだけいるのか?」など『人の動き』を読み解き、景況把握や投資判断を行うために役立つ方法をご紹介。金融業界に特化した位置情報の効果的な活用方法について、デモンストレーションを交えながら詳しく解説いたします。

概要

OVERVIEW

開催日時
2021年8月20日(金)14:00~15:00
開催形式
ライブ配信
開催場所
オンライン(全国どこでも参加可能)
視聴URL
登録完了メールにて視聴URLをご確認ください。
※ 申し込み後の翌日まで登録完了メールが届かない場合、事務局<[email protected]>までご連絡ください。
主催
KDDI株式会社
申込締切日
2021年8月19日(木) 17:00まで
参加費用
無料(事前登録制)
※ フリーアドレスでのお申し込みは、ご遠慮ください。
なお、同一メールアドレスでの複数名申込は、できかねますので、事務局<[email protected]>までお問い合わせください
環境
※Microsoft Teamsライブイベントにて開催いたします。
※PCブラウザ、PC/モバイルのMicrosoft Teamsアプリケーションで視聴可能です。
※セミナー開始時間までは「ライブイベントが開始されていません」と表示されますが、 問題ございません。
※お客さまの社内セキュリティポリシーでアクセスできない場合、ほかのデバイスに変えて再度お試しください。

操作方法・注意事項はこちらをご参照ください。

プログラム

PROGRAM

14:00~14:20
金融業の先進事例から学ぶ位置情報ビッグデータの活用
コロナ禍において、「人の動き」が大きく変化しています。この「人の動き」に関するデータはオルタナティブデータと呼ばれ、景況把握や、工場・商業施設の動向から企業の業績予測に活用されています。本パートでは、金融業のお客さまにおける先進の活用例についてご紹介します。
<講演者>
KDDI株式会社
パーソナル事業本部 サービス統括本部 データマネジメント部
吉村 智史
14:20~15:00
位置情報を用いたさまざまな業界・企業のMeasurement
金融・投資分野における企業や物件のMeasurement(=評価)で、位置情報データとGIS(地図情報システム)のマッシュアップによる分析手法が進化しています。本パートではGPS位置情報データを搭載したGIS「KDDI Location Analyzer」のデモンストレーションを交え具体的なユースケースを分かりやすく解説します。
<講演者>
技研商事インターナショナル株式会社
執行役員 マーケティング部 部長
市川 史祥

※ プログラム内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承願います。

お申込みフォーム

FORM

flowflowflow
【個人情報の取り扱いについて】
ご記入いただいた個人情報につきましては、(1)利用料金などに関する業務、(2)お客さま相談対応に関する業務、(3)現行サービス、新サービス、新メニューに関する情報提供業務、(4)アンケート調査に関する業務、(5)利用促進などを目的とした商品、サービス、イベント、キャンペーンに関する業務、(6)新サービスの開発、サービス品質の評価・改善に関する業務、(7)そのほか、契約約款などに定める目的に利用させていただきます。
プライバシーポリシー(個人情報にかかる保護方針)を確認する新規ウィンドウが開きます

ご参加いただく方の情報をご入力の上「確認」ボタンを押してください。
必須項目をご入力ください。
今回の「オルタナティブデータから景況を読み解く」の申し込み受付は、終了いたしました。
たくさんのお申し込み、ありがとうございました。
top